病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療方法

下を向く男性

精神的な病気を改善

精神的な病気を治療する場合には、その原因を診断して適切な休息や投薬、カウンセリングといった方法で改善することが大切です。精神的な病気の治療は、病院の精神科や心療内科などが専門分野ですが、その原因となるものは複合的なものであり、丁寧な治療が必要とされます。その精神的な病気のひとつが躁鬱病です。躁鬱病は、憂鬱な気分になる鬱の状態と、非常に気分が高揚する躁の状態が交互にやってくるというものです。病院では躁鬱病というよりも双極性感情障害や双極性障害と呼ばれます。特に精神的な病気の中では躁鬱病患者の自殺率が高く、10%をこえるともいわれています。自傷率も高いものになります。病院での躁鬱病の治療は気分安定薬による投薬治療やカウンセリングを通じて行うことになりますが、日頃の習慣が病気の原因となっているケースも多く、生活習慣の改善も必要です。特に完治させることが事実上、困難な病気であるため躁鬱状態になるのを封じ込める努力が必要で、そのためにもメンタルヘルスを保つ必要性があります。

メンタルヘルスを保つには

躁鬱病は、本人がわかっているケースとそうでないケースがあり、本人の場合には躁鬱病を専門に診ている病院で出向くということも出来ますが、本人がわかっていないケースでは、周囲の人間がサポートする必要があります。躁鬱病は気分安定薬などである程度は抑えることができますが、病院での治療にも限界があり日頃の生活習慣の改善などが必要になります。特にアルコールや薬物は状況を悪化させる原因になるため、避けることが重要です。また改善したとしても再び発症しやすい病気であるため生涯を通じての治療や病気に対する意識を持ち続けることが必要です。メンタルヘルスを保つこと自体は、規則正しい生活やストレスがたまらないようにするようにするといったことです。このためには抜本的に考え方を改めることが患者には求められ、それらを実行できるようにするためには良い医師やカウンセラー、また周囲でサポートしてくれる人や家族が重要になります。また重度の状態の場合には気分安定薬などを利用して症状を抑えることも治療の第一歩になります。

Copyright © 2016 病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう All Rights Reserved.