病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

適切な対応が必要です

病院

専門科にかかりましょう

躁鬱病と呼ばれる双極性障害は気分の浮き沈みが激しい病気の一つです。躁鬱病になると、本人ではコントロールできない気分の変化に悩まされます。このような症状が多く見られた場合には、精神科や心療内科などがある病院で適切な治療を受ける事が推奨されます。多くの場合、躁鬱の両方が一気に表れるのではなく、鬱病を発症してから次第に躁状態の症状も表れるケースがあります。このため、周りからみると一見鬱が治ったような状態に見える場合もありますが、その行動は通常よりも激しく常軌を逸している場合が多いのです。このため、鬱状態から抜け出したことで、病院へ行くのを止めてしまうと症状がひどくなる可能性があります。鬱病を患っていた場合には、反対に躁状態も発症することがあるのを念頭に置いて、様子を見ることが大切です。病院へ通院するのがとても億劫になる病気の一つですが、家族などがサポートしてしっかりと改善まで通院するような体制づくりを行うべきでしょう。躁鬱病の場合には周囲の理解やサポートがとても大切になります。

周期はわからないのが特徴

躁鬱を繰り返す双極性障害は病院の専門医師であっても、周期を見極めるのは困難な病気の一つです。一般的には躁状態は過剰なまでに活動をしたり、行動をとるためそう長くは続かないとされています。長く躁状態を継続するには肉体的にも精神的にも体に負担がかかるため、短期的だと言えるのです。体が疲れてくると鬱状態に陥るのがこの病気の特徴です。反対に鬱状態の場合には、いつ躁状態になるかはわからず、とても長い期間、鬱状態になる場合もあるのです。躁鬱病が発症する要因は人によって様々ですが、遺伝的な要素やストレスなどの環境的な要素が大きいといわれています。できるだけこの病気を避けるにはストレスを受けない生活を心がけることや、まじめな人がなりやすい病気であるため、頑張りすぎないことが大切になります。治療方法は薬物療法が中心ですが、症状が落ち着くまでは飲み続ける必要があります。また、精神療法や家庭での家族のサポートによって、好転する場合も多くあるため、その人一人一人に合わせた接し方が求められます。実際に発症している本人だけでなく、周囲の家族もサポートするための心構えを病院で学ぶと良いでしょう。

Copyright © 2016 病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう All Rights Reserved.