病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

心の病を治そう

看護師

体に現れる症状

気分が優れないと感じる人は、誰にでもあります。これは現代社会の中で疲れやストレスを感じている人が多くなっていると言うことで、決して珍しいことではありません。しかしこの中で普通の人とは少し違う症状が現れたり、症状が強く表れたときには、何らかの病気を発症している可能性が高くなります。したがって少しでも異常を感じたときには病院を受診するようにします。そのなかで心の病気の一つとして躁鬱というものがあります。病院では精神科や心療内科などを受診してわかることとなっていますが、体にどのような症状が現れるのかが気になります。躁鬱の場合、気持ちが高揚していたり気分が良くなって意欲がわいてくると言うようになっています。このほかにはたくさんの考えが頭にうかんで、頭の回転が速くなったと感じるようになります。普段よりもたくさん話をするようになり、睡眠を取らなくても活動をすることができるというような状態となります。自分では調子がよいと感じていますが、実際には周りに迷惑をかけていることもあります。

いくつかの特徴

病院ではどのような診断方法が行われているのかというと、躁鬱の場合正確に診断することが難しいと考えられています。躁から始まるという人もいれば、鬱から始まるという人もいます。このような症状が現れるまでに数ヶ月や数年がかかることもあるので、病院でははっきりと診断をすることが難しいのです。躁状態になるまで鬱病と診断されることがありますが、これが間違った判断であるとは一概に言えません。躁鬱の治療方法に関しては、薬が処方されるようになっています。薬物治療が行われるようになっていますが、気分安定剤が処方されるようになっています。この薬で効果を実感することができない場合は、別の成分が含まれた気分安定剤が処方されたり、抗うつ薬が追加されるようになっています。薬を処方して効果が見られない場合は、量を増やしたり抗精神薬を追加するというような治療方法が考えられるようになっています。薬物治療と一緒に行われているのが心理療法になります。心の悩みだけではないのでカウンセリングだけでは完治することが難しくなっていますが、病気を理解することで治療を進めることができます。

Copyright © 2016 病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう All Rights Reserved.