病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

気分障害の症状

カウンセリング

注意するところ

気分障害という言葉を耳にすることがありますが、心の病気の一つとなっています。ストレスや人間関係が複雑になることで、心に大きな負担を感じることがありますが、これが積み重なってさまざまな症状を引き起こすようになっています。そのなかで躁鬱という病気があります。これは気分が鬱と躁の間を循環しやすいという特徴があります。症状が軽い場合には病院を受診しなければいけないと言うことはありません。また一般的な診療で治療を受けることができるようになっています。症状が軽い場合には気軽に病院を受診するというような対処法が行われていますが、中には症状が重い躁鬱もあります。こうなると重篤な症状が現れるようになっています。躁鬱とひと言で言っても、幅広い考えの中でとらえる必要があります。躁鬱は精神機能の中で感情が独特な形で傷害されるようになっています。神経シナプスの異常が症状に大きく関係していると考えられています。病院では医師との信頼関係が治療を左右すると言っても過言ではありません。

原因や罹患率

最近では気分障害を発症する人が多くなっていると言うことで、病院の中でも心療内科や精神科を受診する人が多くなっています。少しの異常を感じても受診する人が多くなっているので、実際に利用率は高くなっていると考えることができます。そこで気になるのが躁鬱の罹患率となります。女性で約20パーセントとなっており、男性では10パーセントとなっています。精神科を受診する人が多くなっていますが、中には総合病院の内科の約6パーセントが気分障害を発症していると言うこともあります。原因として考えられているのは、病気を発症しやすいという弱さと、環境が絡んでいると考えられています。病気を発症しやすい人がストレスの影響を受けて発症すると考えられています。几帳面であったり責任感が強く、徹底したこだわりがあったり良心的であるというような性格を持っている人が発症しやすいと考えられています。すなわちまじめすぎる正確も注意が必要となります。ストレスに関しては、男性は職場関係が多くなっています。

Copyright © 2016 病院で躁鬱の原因を徹底解明|心の安定を目指そう All Rights Reserved.