病院を受診して躁鬱の原因を探ろう|ストレスが原因の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

心の病を治そう

看護師

躁鬱の場合は自分では体の調子が良くなったと感じることが多いです。しかし周りに迷惑をかけていることもあります。周りが異常をすぐに感じて病院を受診させるようにすることが大切です。治療方法としては薬物療法や心理療法が行われています。

もっと見る

気分障害の症状

カウンセリング

症状の程度によって病院を受診するかどうかがわかれるのが躁鬱となります。しかし日常生活の中で支障が出たり、周りに迷惑をかけるというようなことがあればしっかりと治療を受ける必要があります。男性よりも女性の罹患率が高くなっています。

もっと見る

精神的な病気

頭を触る女性

病気とのつきあい方

現代社会の中で増えていると考えられているのが鬱病になります。誰でも発症する可能性があると考えられている病気となっていますが、毎日の生活の中で気がつかないうちに発症していると言うこともあります。しかし鬱病とひと言で言ってもいくつかに分類することができます。それをしっかりと把握しておくようにします。その中の一つに躁鬱というものがあります。心の風邪と考えられている鬱病となりますが、最近では増加しています。あまり関係ないと考えている人もいますが、気緒がつかないうちに患っているという可能性もあるのです。躁鬱とはどのような状態となっているのかというと、気分が落ち込んで何もする気がしないというような鬱の状態と、調子が非常に良くなって活動的になったり怒りっぽくなったりというような躁状態を繰り返すというような症状になります。日常生活の中で支障が出るというような状態になったときには、躁鬱の可能性が高いと考えられます。したがってこの場合病院を受診するようにします。

躁鬱の状態になる場合には何か原因があると考えられています。しかし発症する原因やそのきっかけははっきりとわかっていないというのが現状です。そのなかで遺伝的な要素や環境的な要素が関係していると考えられています。環境の中ではストレスを受けることで、発症することもあります。そのなかで躁鬱になりやすいという人がいます。病院を受診する人の中で共通しているのは、比較的肥満体型の人となっています。性格に関しては、社交的で親切であり、活気があって面白さを持っているという人が発症しやすい傾向があります。また穏やかで優しいという人も発症しやすいと考えられています。病院を受診すると言うことでわかるようになっていますが、病院以外で自分でも確認をするチェック項目がいくつかあります。ここで少しでもたくさんの項目に当てはまると言うことになれば、躁鬱の可能性が高いと考えられています。この病気は本人は何か異常が発生していると感じていないことがあります。したがって周りの人がしっかりとサポートすることが大切です。

治療方法

下を向く男性

精神的な病気は、精神科や心療内科がある病院で治療することが可能ですが、病気の種類によっては治療が難しいケースもあります。その治療の難しいのが躁鬱病です。躁鬱病では鬱状態と躁状態が交互に現れるものです。治療は投薬のほか行動療法やカウンセリングを通じて改善を目指すのが一般的です。

もっと見る

適切な対応が必要です

病院

躁鬱病は双極性障害と呼ばれる病気のひとつであり、専門科がある病院で治療することが大切です。躁状態と鬱状態の周期はその時々によってことなるため、医師でも判断が難しい病気です。治療は薬物療法や精神療法が有効であり、周囲のサポートも必要になります。

もっと見る

病気とのつきあい方

うつ伏せになる女性

躁鬱の人とのつきあい方は、症状が出ているときにもまずは見守ると言うことが大切です。あまりにも度が過ぎた行動に出る場合はアドバイスを行うようにします。病院では薬物療法が行われています。薬に対する知識を深め、症状をコントロールしながら付き合っていくことが大切です。

もっと見る

Copyright © 2016 病院を受診して躁鬱の原因を探ろう|ストレスが原因の可能性も All Rights Reserved.